出会い系で個人情報漏えいの危険性

最近、企業などでは最も注意管理を強化している“個人情報の漏えい”ですが、実は出会い系サイトではいとも簡単に流出してしまう可能性があります。個人情報はビジネスにおいて非常に価値のある情報なので、その為だけに出会い系サイトに登録をしている人も少なくないと思います。 出会い系サイトでは、お互いの顔が見えないところからメッセージのやり取りを重ねて信頼関係をつくり、実際に会うまでが第一目的です。 その第一目的までたどり着く為に、少しでも早く仲良くなりたいと思いもっと自分を知ってほしいという気持ちから自身の写真を送ったりします。 また、サイト内でのやり取りは料金が発生する場合もあるので、直接やり取りが出来るアドレスや携帯番号を教えたりするケースが多いのですが、ここが最も注意を払わなければならないポイントです。 ここで、相手も同じようにアドレスや写真などの情報をくれたから、と信用して自身の情報を送ってしまうと、それが自身の知らないところで何か別のサイト内で写真を利用されていたり、アドレスやアカウントを乗っ取られたりするケースが多くあります。怖いのはこれら全てが”自身の知らないところ“で行われてしまう、という事ではないでしょうか。 また、相手からもらう情報にも注目してみましょう。 それはその情報の信憑性です。はっきり言って使用される写真のほとんどは、どこかから引っ張ってきたものだったりします。もちろん以前は出会い系といえばモテない、ダサい人しか利用しない様なイメージでしたが、最近は違います。 これだけネットが普及していて、近頃は出会い系のアプリケーションまであります。出会い系は合コンや紹介などと同じくらい気軽な手段となっていて利用者もごく一般の男女が多いです。 だからこそ自分のタイプの相手にも出会うでしょう。全てが嘘ではない事を前提に少し警戒する気持ちも持ち合わせても良いと思います。 相手が1枚の写真しか送ってこなかったりした時は、こちらか写真の内容を提案してみるのも一つの手だと思います。 正面のアップ一枚であれば、別アングルなどで写真を送ってほしいと提案するのもアリだと思います。相手は嘘の情報を送っているのに、自分は本当の情報送りそれが流出してしまう様なことになってさそまえば、出会いを求める以前の問題になってしまいます。 出会い系サイトには色々な目的を持っている人がいます。しっかりと見極める必要があるということですね。  

出会い系詐欺

出会い系サイトを利用する人は年々増えており、合コンや友人などの紹介と同じくらい普及しています。 また出会い系サイトを利用する理由も様々です。 ほとんどは異性と出会いたいという理由でサイトを利用しますが、中には出会いなどは目的ではなく詐欺目的のケースが多く、出会い系サイトでの危険性で最も高いケースだといわれています。 ”自分は大丈夫”と思う人も知らないうちに巻き込まれていたりします。 では、どんな手口で被害にあってしまうのでしょうか。 まず、サイトを利用したことがある人はご存じだと思いますが、有料サイトと無料サイトが存在します。無料だから悪いというわけでもなく、有料だから絶対安心というわけでもないのですが、なんとなく無料サイトよりは有料サイトの方がそれなりの金額を払っているので、真剣に出会いを求めている人が多いイメージです。ここが詐欺をはたらこうとする者にとても都合の良いポイントなのです。出会いたいと思う気持ちが真剣であれば真剣な程、詐欺に利 入会時にメールのやり取りに必要なはポイントを購入しスタートします。1メール送るとポイントが消費され、ポイントがなくなり引き続き出会い系サイトを利用したい場合は、再度ポイントを購入しなければなりません。始めはみんなある程度の予算を決めて、お試しのような感覚で登録をします。そのうち、相手からメールで「話し相手になってください」や「淋しいです」のようなメールが届き、軽い気持ちでメールのやり取りを始めます。 最初は軽い気持ちでメールを交わしたものの、毎日やり取りをして悩みを聞いたりその日の話をお互いに話していると、なんとなく親近感が湧いてくるものです。そして1日連絡が何もないと「あれ?」と感じるようになります。 人は習慣に弱い生き物です。特に出会い系サイトを利用する人は”誰かに必要とされたい” と思う気持ちが強いようです。その心理を利用してどんどんポイントを購入するように 仕向けて行きます。「ポイントがなくなって連絡が取れなくなるかもしれない」「もっと話したいのに」など言われると、ついあと○円、あと○円とポイントを購入してしまいます。 また、「ここのサイトにはストーカーみたいな人がいて怖いから、別のサイトでやり取りしたい」など言われ、別の高額サイトに登録してしまったというケースもあります。 最終目的は”実際に会うこと”ですが、この場合実際に会うことはありません。なぜなら、アルバイトなどで雇われている”サクラ”と呼ばれる人々が相手になっているからです。サクラの現状として、実際に求人広告にも”高額収入”など謳って求人を募集しているものをよく見かけます。あくまで一般人のアルバイトの為、詐欺を見分けるのは至難の業でしょう。何度誘っても会えなかったり、ある日突然、連絡が途絶えて初めて詐欺に気付いても遅いことがほとんどです。 詐欺かどうかの判断は難しいですが、必要以上に相手が積極的な場合は一度立ち止まってみることも必要なのかもしれません。  

出会い系サイト規制法

「出会い系サイト規制法」(正式名称は「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」といいます。) 出会い系サイトで起こる危険性といえば様々ですが、最近特に問題になっているのが成人だと思っていた相手が実は未成年であったというケースです。 出会い系のメリットといえば、正確な個人情報を公表する必要がない事です。 個人情報を隠して出会いを求めたい人の理由は様々ですが、例えば既婚者であっても独身と偽ることができ、未成年であっても成人だとプロフィールに記入すれば成人として成立します。 最近では最初に身分を証明する本人確認を行ってからでないと、メンバー登録出来ないサイトもありますが、そんなものはなんとでもクリアできますし、そもそももっとセキュリティの甘いサイトも多くあります。 一番最初に“未成年だ“と言われれば、フェイドアウトもできますが、何日かメッセージのやり取りを重ね、親近感もわいてきた頃に未成年であることを告白されても、なかなかフェイドアウトしづらかったりします。そもそも未成年であることを告白しないケースの方が多く、実際に会ってデートをし、親密になったところで未成年であることを知るケースもあります。 先日も某芸能人による未成年との交際が発覚し、大きなニュースとして取り上げられましたが、これと同様未成年との交際にはリスクが伴います。とはいえ、成人として登録をしていた訳だから騙されたのはこちらだと思うかもしれません。 しかし「知らなかった」では済まされないのが未成年の厄介なところです。 こちらが確実に故意がない事を証明するのも一苦労です。 それに、“出会い系サイトを利用して未成年と会った”という事実を公にはしたくない人は少なくないのではないでしょうか。 海外では“ブラインドデート”として気軽なものになっている出会い系サイトでも、日本ではまだまだ良いイメージがありません。出会い系を利用したことがあるかどうかの調査では、過半数が一度はあると答える状況です。 このように出会い系サイトを利用しているという事を知られたくない、という心理を逆手にとって未成年から金銭を要求されたというケースも、珍しくはありません。最近はとても大人っぽい未成年も多く、それを自覚の上で欲しい物の為にDコムにあるような出会い系サイトに登録をしているケースも多くあります。 登録にある年齢を鵜呑みにするだけでなく、少しでも「あれっ?」と違和感を感じたら会話の内容や風貌、持ち物などにも注目したほうが良いでしょう。両親の年齢などをさり気なく会話に混ぜ込み質問し確認するということも良いでしょう。

女性からの同意を得られていない場合の恐怖

出会い系サイトを利用している男性であれば、半ば強引にSEXに持ち込んだという経験を1度はされているかと思います。 今回はSEXまでに至る経緯によっては女性の望まないSEXになっているという危険性について論述して参ります。 【罪に問われるという恐怖】 ・強姦罪:3年以上の有期懲役(最大20年) ・強姦未遂罪:同上 ・準強姦罪:同上 ・強制わいせつ罪:6カ月以上10年以下の懲役 恐らく出会い系サイトで知り合った女性との間で起こるトラブルとしては強姦罪で立件されることは考え辛いですがその他の3つは充分に考えられます。 女性器への挿入に至らなかったがフェラで抜いてもらったなどは、強姦未遂罪・強制わいせつ罪にとわれる可能性があり無理に過度な飲酒を勧め抵抗力を削いだ上で女性器へ挿入していれば、準強姦罪に問われる可能性があります。 出会った女性とSEXをする場合は、改めて相手の同意が得られているのかを慎重に判断する必要があります。 【日本人女性の甘いところ】 特にラテンの女性などに見られる傾向ですが、抱かれたくない男性とは食事にも行きません。逆に食事に行くということはSEXも込みで考えていますので、逆に食事に誘っておきながら抱かないということは女性に対して失礼にあたり、非常に分かり易い構図になっています。 逆に日本の女性は、食事だけご馳走になっておきながら股を開かないというケースが往々にしてあります。さらに気の無い男性の家に上がりこむ、もしくは自宅に男性を上げるということに対する抵抗も少なく、SEXへの抵抗だけが異常に高い傾向があります。これらミスマッチで、前途しました罪にとわれても女性にも落ち度があると言わざるを得ません。 男と女は結局ヤルかヤラないか、だけです。日本人女性は抱かれたくもない男性と食事に行き、自分はモテていると悦に浸りたい方が多いのでしょうか。 【事前確認と事後確認】 上記で示した通り日本人女性は抱かれることを想定していなくとも食事に付いてきます。ということは食事だけでことが終わると考えているので、会う前のメッセージの時点でしっかりと下心を伝えておく必要があります。目的はSEXであり必要に応じてSEX後に消えていなくなりますということを形で残しておきましょう。 そしてSEX後には女性に訴えたりしないことを枕元で囁いておきましょう。できれば彼女と離れた後に再度SEXが目的であったということを明示しメッセージやLINEで送っておく必要があります。 (まとめ) 夜道の暗がりで突然襲われナイフを突き付けられたようなSEXであれば強姦罪でしょう。 私が女性に申し上げたいこととしては、出会い系サイトで知り合い少なくとも小1時間以上食事をするなどし自宅や男性宅、ホテルに行ったのであれば抱かれる覚悟はしていただきたいのです。 好みな男性でなければ、はっきりと拒否する時間はあったはずです。お酒を飲まされたという言い訳も出るでしょうがお酒を飲まなければいけないシチュエーションに付いて行ったのは女性の落ち度です。 抱かれたくない男性と一緒にいなければ良いのです。男は女性を抱きたいものなので決して罪にとわないでいただきたいです。

暴対法施行に忍び寄る影

反社会的勢力の収入源を立ち弱体化を狙ったはずの暴対法の改正により、出会い系に忍び寄る影を論述して参ります。 【反社会的勢力を学ぶ】 諸説ありますが、「ヤクザ」の語源は「役座」と書きます。これは江戸時代まで遡りますが、役の上に座るということでつまり嘗ては地域の治安を守る自警団のような役割を果たしてたと言われています。これが発展し地域の利権を持つようになり、その中で一部の自堕落な人間が賭博などに手を染めるようになりました。 その賭博にめくりカルタがあり、3枚の花札を引き合計の得点を競うというものです。その中で「8・9・3」を引き当てると無得点になってしまうことから転じ「役に立たないもの・価値のないもの」に対し「ヤクザ」という言葉が当て字のように使われ始めたと言われています。簡単に申し上げると地域の利権を貪る一部の自堕落な輩に対する嫌味のようなものです。 語源から辿ると、シマごとの揉め事を解消するような示談屋であったことが読み取れるのですが、本来この揉め事の解消は玄人同士で行われることが一般的であり、素人つまりカタギの人間に及ぶことは稀でした。 【暴対法施行の影響】 本来、玄人は素人相手に揉め事を起こすようなことはありませんでした。暴対法は1992年3月に施行されていましたが2008年の改正を経て、2012年10月に新たな改正法が施行され、反社会的勢力と関係を持った組織も反社会的勢力をほう助したと判断されてしまうようになり、次々と関係を絶っていくこととなりました。 このため、反社会的勢力の収入源が激減し、影響力が減退していきます。この影響で、これまで反社会的勢力が治安を納めていたシマの中で、外国人の薬の売人や、ヤクザにもなり切れなかった輩が跋扈するようになり、逆に治安が悪化したとも言われています。誤解を恐れずに申し上げると必要悪であった悪を、絶対悪に仕立て上げてしまったことで、本来は見えてこなかった問題が浮き彫りになってしまっているという状況なのです。 そして、野放しになってしまった魑魅魍魎たちが美人局を行い、一部の出会い系サイトの利用者が被害に遭ってしまっているという状況が起こっています。 【美人局の典型例】 この状況下から美人局は一概に反社会的勢力が凌ぎのために行っている行為ではないことをご理解いただけたと思います。 ここでは注意したい美人局の典型的な例をお話しさせていただきます。 ・未成年者と出会うケース 18歳未満の未成年や高校を中退し特に働いていない若年層に出会うことは危険であると言えます。いくら未成年が売り手市場とは言え、1日で体を売って得られる収入は精々2〜3万円です。これでは小遣にもなりませんし、未成年者がこぞってオヤジに股を開くとも考え難いです。この場合は未成年者の裏に街の不良が付き、出会った男性の弱みに付け込み暴力を振るうなどして金品を搾取してしまう恐れがあります。 ・女性が友人も呼びたがっているケース 出会い系の鉄則ですが、男性1人に対し女性が複数という状況下は絶対に避けなければなりません。1人の女性との会話に気を取られている間に、もう1人が連絡役となり男性との居場所などを裏に付いている不良などに連携してしまう恐れがあるからです。 これらの点はメッセージから読み取ることができますので、どんなに女性がを抱きたい夜であっても、この状況下だけは避けて下さい。 【反社会的勢力にも注意を】 上記では、反社会的勢力を擁護しているような記述になっておりますが、決して反社会的勢力にも近付くべきではありません。 暴対法で弱体化の中で、凌ぎを削る必要がありますので、手段を選ばずあなたに迫ってきます。 これは一概に美人局でなくとも、彼氏が反社会的勢力だという女性にも同様に近付いてはいけません。そういった女性が憂さ晴らしのために、あなたに会いSEXをしていないとしても証拠はありません。 反社会的勢力と交際している、もしくは知り合いであるという女性にロクなのはいません。この趣旨の発言があった時点であなたは手を引かなければなりません。 (まとめ) これまでは必要悪として世に蔓延っていた反社会的勢力を力任せに地下に追いやってしまったため、これまで押さえ込まれていた別の悪が力を持ち始めました。また手負いの狼である反社会的勢力は何をしでかすかわかりません。 この2つの勢力が出会い系などで男性を標的に女性を使い、金品を要求してくることに注意しましょう。 とは言いつつも女性も役者ではありません。メッセージの中で整合性が合わないような発言が必ずあります。 その不整合を見つけ出せるよう出会い系サイトで研鑽を積むことも、また必要なことです。 少しでも怪しい点があれば、即座に身を引いて下さい。

出会い系サイトは遊びであることを忘れてはいけない

出会い系に潜む危険性の中でも、意外にもダメージの大きいヤリ逃げについて論述して参ります。 【そもそも男性だけのものではない】 ヤリ逃げとは多くの場合、男性が抱いた女性に対する最低の行為であるという認識を持たれていますが、逆の場合も存在するということを忘れてはいけません。出会い系サイトに登録している女性などは、肉棒を求め彷徨っているくらいに考えていた方が無難です。長期的なセフレ関係になったとしても、あなた以外の別の男性にもセフレは必ずいると言えます。 この点を勘違いして女性を抱けたことに満足していると、意外な落とし穴に掛かってしまうことがあります。 【不細工とばかり会っていることで起こる錯覚】 では何故、男性が女性にヤリ逃げ被害に合ってしまうのかということですが、少し考えればわかります。 男性が女性をヤリ逃げする場合は、相手に穴以外の魅力がない場合です。取り敢えず挿入できる穴があるからハメているだけであって女性と親密な築きたいとは思っていないため、一種のミスマッチが結果的にヤリ逃げとなってしまうだけなのです。 これを逆に配置してみると、男性に魅力が棒以外にない場合、ヤリ逃げとなってしまうのです。これは決して女性に非があるのではなく魅力のない男性に非があると言わざるを得ません。 そうでなければ、出会い系サイト内での自分の行いを否定していることになっていまします。逃げられる方が悪いのです。 これを避けるためにも、出会い系サイトはあくまで戯れごとであり本気になってはいけないという鉄則を忘れないで下さい。 しかし、どうしても出会い系サイトでは100人に1人くらいは美人に見える女性がいるものです。これは、普段出会い系サイトで会っている女性が不細工ばかりであるために起こる弊害です。平均的な女性が不細工の中では相対的に美しく見えるということで、常識で考えると美人は出会い系サイトへは登録してこないでしょう。 もし出会い系サイトで本気になりそうな女性に出会った時は冷静になり出会い系サイト以外のコミュニティーに目を向けて見て下さい。 【受けるダメージ】 このように本気になってしまう女性が現れると、男性はこれまでの自分の行いを悔い改め改心し、その女性以外の女性との縁を切ってしまいます。そして彼女に対し誠意を持って接するように努めます。 これは女性にヤリ逃げされた時に受ける精神的なダメージ以上に、その後に男性の動きを制限するということを覚えておいて下さい。都合の良い女性を切るということは、これまで男性が築き上げてきた財産を遺跡に変えてしまうようなものでまた都合の良い女性を出会い系サイトで1から探し、そして構築し直さなければなりません。 精神的に立ち直ることができた時には、あなたの周りに都合の良い女性がいないことを念頭に置き、冷静な判断をしていきましょう。 (まとめ) 出会い系サイトで現れる女性にまともな女性はいません。そして出会い系サイトに登録しているあなたも、まともではないということを忘れないでください。クズ同士がSEXをする場なのです。もし女性に心酔しそうになることがあれば、あなたが過去にヤリ逃げして笑っている女性の姿を思い出してみましょう。あなたも笑われてしまいます。 偉そうに申し上げましたが、私にも同じ経験があります。

既婚者を抱くということのリスク

今回は出会い系サイトを利用している中で、避けては通れない既婚者との出会いについての危険性を論述して参ります。 【本気にさせないこと】 女性は子宮で恋をすると言われています。一度抱かれた男には恋をしてしまうという都市伝説がありますが、これは嘘だと言えるでしょう。これだけ援助やセフレが蔓延している出会い系サイトでは、女性のSEXへの考え方も男性に近付いてきており「SEX=恋に落ちた」とは言い辛いです。 しかし、出会い系サイトで熟練した技術を手に入れてしまうと、単純に女性を抱くだけでは飽き足らず、女性の心を落として体を楽しむというゲームに快感を覚えてしまいます。この熟練した技術を駆使し人妻を相手にしていると厄介なことが起こります。 出会い系サイトを利用している人妻は、夫もしくは家庭に何らかの不満を持っており、現実逃避のツールの一つとして出会い系に参入してきます。技術のない男性であれば股を開くだけで終わるのですが、これが熟練工が人妻の痒いところにまで手を差し伸べてしまうと、現実逃避したいというレバレッジが大きく作用してしまい、面倒なことになります。 家庭を顧みず、男性の家に入り浸ってしまったり、離婚してその男性と一緒になりたいと考え始めてしまします。 【見苦しい男の嫉妬】 そして人妻との関係が深くなり長引いてしまうと夫に不貞行為が発覚してしまう危険性があります。個人差はあるでしょうが出会い系サイトを利用するような女性を娶っている男性にロクな男はいないため、見苦しいほどの嫉妬に怒り狂う危険性があります。 この嫉妬が妻に向かっている間は問題ないのですが、男性側にまで向いてしまうことがあります。妻の携帯を勝手に盗み見、あなたの連絡先を取り出し、あなたへ連絡を取り始めます。 この時の着信回数は常軌を逸しており、一晩に100回以上携帯がなったというケースを耳にしたこともあります。 またSNSツールが発達してしまっていることが災いし、あなたの身バレにも繋がる危険性があります。 家や職場にまで乗り込んでくることはないでしょうが、万一ここまできてしまうと警察沙汰になりますので、最寄りの交番に相談して下さい。 【慰謝料について】 妻やあなたへの慰謝料請求は「不法行為に基づく損害賠償請求」として法律で認められています。しかし、この金額に明確な基準はないため、ケースバイケースで決まってきます。過去の判例などを参考に目安を列挙します。 ・離婚・別居なく夫婦関係を維持する場合:50万円~100万円 ・別居に至った場合:100万円~200万円 ・離婚に至った場合:200万円~300万円 このように最安値であっても50万円からが1つの目安になっており、結構な金額です。たいした女性でもないにも関わらずこれだけの費用を請求されてしまったのでは、コストパフォーマンスが悪すぎます。 (まとめ) 既婚者を抱くことは悪いこととは言いません。憲法違反でもありませんし、刑事告訴されることもありません。 そして、出会い系サイトの大前提として「股を開く方が悪い」のです。 しかし、上記で述べましたように普段の生活の中では気付かないリスクを多く持っています。 人妻と聞くと世の中の男性にとっては生唾ものでしょうが、実際はそこまで良いものではありません。 結局は、ただの萎びた女であり魅力的な方はほんの1部です。メディア(特にAV業界)に踊らされているだけです。 こういった終わった女を抱くのであれば、男性の持っている技術はフル活用せず、ほどほどのところでヤリ逃げをして下さい。

不細工と出会ってしまった時の苦行

出会い系利用時に切っても切り離すことのできない「不細工女性との出会った際の危険回避」について論述いたします。 【宮本武蔵に学ぶ】 出会い系サイトで女性とのメッセージ、もしくはLINEでのやり取りの際、相手の容姿が確認できないことがあります。 過度に顔写真を送ることを要求してしまうと、せっかくのメッセージが途中で途切れてしまいます。出会い系の鉄則でもある当日中に出会うことを達成するためには、容姿の事前確認ができなくとも会う約束を取り付けてしまう必要があります。 この時、どうしても容姿が崩壊している女性に出会ってしまう危険性があります。この危険を回避するには必ず待ち合わせ場所には遅れて行くということです。これは本当に遅れるということではなく待ち合わせ場所から離れた場所へ先に入り待ち伏せをするということです。 そして女性を待ち合わせ場所に立たせ遠目から容姿確認を行うことが必須になります。恐らく女性からは目印となる服装などを聞かれると思いますので、リバーシブルのダウンジャケットは非常に有効になります。万一、女性が不細工であった場合、その場から立ち去る必要がありますので、身バレを防ぐためにも色の異なる服装を持っておくことをお勧めします。 夏場などであれば暑いかもしれませんが、ジャケットを1枚持参しておくことで非常事態を回避できます。 しかし、厄介な点はこの手法は女性も同様な手を使ってくるということです。お互いに遠目から確認していると男性の発見が遅れ、先に見つけられてしまう危険性があるということです。 【人違いの勇気】 上記で、相手よりも先に容姿確認を行う必要性を述べましたが、不運にもあなたが先に相手に発見され、その女性が不細工であった場合の対処法ですが、勇気を持って「人違い」という一言を伝えましょう。欲を出して、このレベルであれば抱けるかもしれないと考えてしまうこともありますが、この判断を誤ると後々苦痛の数時間を過ごすこととなります。 繁華街などを不細工を横に連れて歩くことになることを想像してみてください。あなたに嘲笑の目が注がれることでしょう。 【無理難題の要求】 ここまで不細工な女性とバッティングしてしまった時の回避方法を述べて参りましたが、それでも不細工に捕獲されてしまい時間をともにした時には、無理難題を要求し早々に交渉が破談になる方向へ進めて下さい。具体的には下記となります。 ・生で中出しさせて欲しい。 ・ハメ取りさせて欲しい。 ・援助であれば、無料にして欲しい。 ・友人と一緒に3Pをして欲しい。 またこれらの交渉の場を持つためにも、事前のメッセージの時点で取り付ける約束としては、食事などのワンクッションを挟むようにしましょう。即ラブホテルへ向かうような約束は取り付けないで下さい。 極力、不細工の拒否するような交渉を行う余裕を持つためです。 懸念点としては、不細工が広い心をもっていた場合、無理難題が全て受け入れられてしまうことです。要求がディープであればあるほど取り返しがつきません。この時は走って逃げるなり警察に駆け込むなりして下さい。 不細工に罪はありません。自分の運のなさを悔いるだけです。 (まとめ) 出会い系に潜む不細工な女性は、その容姿が崩れていれば崩れているほど粘着する傾向があります。日常生活や、出会い系サイト内で虐げれた経験が多いため勇気を持って断ることのできない男性は彼女たちにとって「良い人」に映ってしまいます。 この勘違いにより、出会った男性に好意を抱いてしまうのです。不細工女性の慰みモノになってしまうことは何としても回避する必要がありますので、これらを参考にメッセージ上で怪しいと感じる女性に対処していきましょう。