不細工と出会ってしまった時の苦行

出会い系利用時に切っても切り離すことのできない「不細工女性との出会った際の危険回避」について論述いたします。

【宮本武蔵に学ぶ】

出会い系サイトで女性とのメッセージ、もしくはLINEでのやり取りの際、相手の容姿が確認できないことがあります。
過度に顔写真を送ることを要求してしまうと、せっかくのメッセージが途中で途切れてしまいます。出会い系の鉄則でもある当日中に出会うことを達成するためには、容姿の事前確認ができなくとも会う約束を取り付けてしまう必要があります。
この時、どうしても容姿が崩壊している女性に出会ってしまう危険性があります。この危険を回避するには必ず待ち合わせ場所には遅れて行くということです。これは本当に遅れるということではなく待ち合わせ場所から離れた場所へ先に入り待ち伏せをするということです。
そして女性を待ち合わせ場所に立たせ遠目から容姿確認を行うことが必須になります。恐らく女性からは目印となる服装などを聞かれると思いますので、リバーシブルのダウンジャケットは非常に有効になります。万一、女性が不細工であった場合、その場から立ち去る必要がありますので、身バレを防ぐためにも色の異なる服装を持っておくことをお勧めします。
夏場などであれば暑いかもしれませんが、ジャケットを1枚持参しておくことで非常事態を回避できます。
しかし、厄介な点はこの手法は女性も同様な手を使ってくるということです。お互いに遠目から確認していると男性の発見が遅れ、先に見つけられてしまう危険性があるということです。

【人違いの勇気】

上記で、相手よりも先に容姿確認を行う必要性を述べましたが、不運にもあなたが先に相手に発見され、その女性が不細工であった場合の対処法ですが、勇気を持って「人違い」という一言を伝えましょう。欲を出して、このレベルであれば抱けるかもしれないと考えてしまうこともありますが、この判断を誤ると後々苦痛の数時間を過ごすこととなります。
繁華街などを不細工を横に連れて歩くことになることを想像してみてください。あなたに嘲笑の目が注がれることでしょう。

【無理難題の要求】

ここまで不細工な女性とバッティングしてしまった時の回避方法を述べて参りましたが、それでも不細工に捕獲されてしまい時間をともにした時には、無理難題を要求し早々に交渉が破談になる方向へ進めて下さい。具体的には下記となります。
・生で中出しさせて欲しい。
・ハメ取りさせて欲しい。
・援助であれば、無料にして欲しい。
・友人と一緒に3Pをして欲しい。
またこれらの交渉の場を持つためにも、事前のメッセージの時点で取り付ける約束としては、食事などのワンクッションを挟むようにしましょう。即ラブホテルへ向かうような約束は取り付けないで下さい。
極力、不細工の拒否するような交渉を行う余裕を持つためです。
懸念点としては、不細工が広い心をもっていた場合、無理難題が全て受け入れられてしまうことです。要求がディープであればあるほど取り返しがつきません。この時は走って逃げるなり警察に駆け込むなりして下さい。
不細工に罪はありません。自分の運のなさを悔いるだけです。

(まとめ)

出会い系に潜む不細工な女性は、その容姿が崩れていれば崩れているほど粘着する傾向があります。日常生活や、出会い系サイト内で虐げれた経験が多いため勇気を持って断ることのできない男性は彼女たちにとって「良い人」に映ってしまいます。
この勘違いにより、出会った男性に好意を抱いてしまうのです。不細工女性の慰みモノになってしまうことは何としても回避する必要がありますので、これらを参考にメッセージ上で怪しいと感じる女性に対処していきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*