出会い系詐欺

出会い系サイトを利用する人は年々増えており、合コンや友人などの紹介と同じくらい普及しています。 また出会い系サイトを利用する理由も様々です。 ほとんどは異性と出会いたいという理由でサイトを利用しますが、中には出会いなどは目的ではなく詐欺目的のケースが多く、出会い系サイトでの危険性で最も高いケースだといわれています。 ”自分は大丈夫”と思う人も知らないうちに巻き込まれていたりします。 では、どんな手口で被害にあってしまうのでしょうか。 まず、サイトを利用したことがある人はご存じだと思いますが、有料サイトと無料サイトが存在します。無料だから悪いというわけでもなく、有料だから絶対安心というわけでもないのですが、なんとなく無料サイトよりは有料サイトの方がそれなりの金額を払っているので、真剣に出会いを求めている人が多いイメージです。ここが詐欺をはたらこうとする者にとても都合の良いポイントなのです。出会いたいと思う気持ちが真剣であれば真剣な程、詐欺に利 入会時にメールのやり取りに必要なはポイントを購入しスタートします。1メール送るとポイントが消費され、ポイントがなくなり引き続き出会い系サイトを利用したい場合は、再度ポイントを購入しなければなりません。始めはみんなある程度の予算を決めて、お試しのような感覚で登録をします。そのうち、相手からメールで「話し相手になってください」や「淋しいです」のようなメールが届き、軽い気持ちでメールのやり取りを始めます。 最初は軽い気持ちでメールを交わしたものの、毎日やり取りをして悩みを聞いたりその日の話をお互いに話していると、なんとなく親近感が湧いてくるものです。そして1日連絡が何もないと「あれ?」と感じるようになります。 人は習慣に弱い生き物です。特に出会い系サイトを利用する人は”誰かに必要とされたい” と思う気持ちが強いようです。その心理を利用してどんどんポイントを購入するように 仕向けて行きます。「ポイントがなくなって連絡が取れなくなるかもしれない」「もっと話したいのに」など言われると、ついあと○円、あと○円とポイントを購入してしまいます。 また、「ここのサイトにはストーカーみたいな人がいて怖いから、別のサイトでやり取りしたい」など言われ、別の高額サイトに登録してしまったというケースもあります。 最終目的は”実際に会うこと”ですが、この場合実際に会うことはありません。なぜなら、アルバイトなどで雇われている”サクラ”と呼ばれる人々が相手になっているからです。サクラの現状として、実際に求人広告にも”高額収入”など謳って求人を募集しているものをよく見かけます。あくまで一般人のアルバイトの為、詐欺を見分けるのは至難の業でしょう。何度誘っても会えなかったり、ある日突然、連絡が途絶えて初めて詐欺に気付いても遅いことがほとんどです。 詐欺かどうかの判断は難しいですが、必要以上に相手が積極的な場合は一度立ち止まってみることも必要なのかもしれません。