出会い系で個人情報漏えいの危険性

最近、企業などでは最も注意管理を強化している“個人情報の漏えい”ですが、実は出会い系サイトではいとも簡単に流出してしまう可能性があります。個人情報はビジネスにおいて非常に価値のある情報なので、その為だけに出会い系サイトに登録をしている人も少なくないと思います。 出会い系サイトでは、お互いの顔が見えないところからメッセージのやり取りを重ねて信頼関係をつくり、実際に会うまでが第一目的です。 その第一目的までたどり着く為に、少しでも早く仲良くなりたいと思いもっと自分を知ってほしいという気持ちから自身の写真を送ったりします。 また、サイト内でのやり取りは料金が発生する場合もあるので、直接やり取りが出来るアドレスや携帯番号を教えたりするケースが多いのですが、ここが最も注意を払わなければならないポイントです。 ここで、相手も同じようにアドレスや写真などの情報をくれたから、と信用して自身の情報を送ってしまうと、それが自身の知らないところで何か別のサイト内で写真を利用されていたり、アドレスやアカウントを乗っ取られたりするケースが多くあります。怖いのはこれら全てが”自身の知らないところ“で行われてしまう、という事ではないでしょうか。 また、相手からもらう情報にも注目してみましょう。 それはその情報の信憑性です。はっきり言って使用される写真のほとんどは、どこかから引っ張ってきたものだったりします。もちろん以前は出会い系といえばモテない、ダサい人しか利用しない様なイメージでしたが、最近は違います。 これだけネットが普及していて、近頃は出会い系のアプリケーションまであります。出会い系は合コンや紹介などと同じくらい気軽な手段となっていて利用者もごく一般の男女が多いです。 だからこそ自分のタイプの相手にも出会うでしょう。全てが嘘ではない事を前提に少し警戒する気持ちも持ち合わせても良いと思います。 相手が1枚の写真しか送ってこなかったりした時は、こちらか写真の内容を提案してみるのも一つの手だと思います。 正面のアップ一枚であれば、別アングルなどで写真を送ってほしいと提案するのもアリだと思います。相手は嘘の情報を送っているのに、自分は本当の情報送りそれが流出してしまう様なことになってさそまえば、出会いを求める以前の問題になってしまいます。 出会い系サイトには色々な目的を持っている人がいます。しっかりと見極める必要があるということですね。